2012年09月12日

にんじん葉ごはん

料理を仕事にして、十数年たちます。
私の料理に一番影響を与えているのは、やはり家族です。
特に、二人の娘を育てて、家庭のためのご飯づくりを重ねてきたことで、
仕事にも幅がでてきたと感じます。
子供がいない頃は、新しい料理にチャレンジして、いつも世界の料理!新しい調味料!!と、
好奇心いっぱいに料理とかかわってきました。

でも、子供と囲む食卓は、いつも素朴で飽きのこないメニューが定番です。
懐かしい母の味を思い出しながら、ああっだたはず、、、と作るのです。
それは、幼少期の記憶の再現。

母の「にんじん葉ごはん」はとっても美味しく、春の新人参の季節に登場します。
子供たちにも食べさせてあげたい(^-^)
ずっと醤油味と思って作ってみるのですが、ちょっとちがう。。。。
それが、実は味噌で炒りつけると、母に聞いてびっくりしたこと!!
子供に人生の復習をさせてもらっているなぁと感じます揺れるハート

私たちのころからすでにそうですが、昨今の子供は忙しく、
親と台所に立つ時間もままなりません。
習い事に受験勉強、学校に入って、成績に追われ、就職活動。
社会に出て初めて「あれ!料理ってしたことない!?」
「結婚するまで料理を作ったことなかったです。」という方も多いでしょう。

でも、スタートがそうであっても、あっという間に上達して、
器用に作れるようになる方も多いのです。
その差はなんでしょう?

そう、そういう方は大体が「食べること」をきちんとしてきた方なのです。
ご自宅での食生活が身についていれば、大人になったら必ず実践します。
逆を言えば、知らなければできないのです。

だから、子供たちに必要なことは
@毎日の食事が楽しいと知ること、ぴかぴか(新しい)
Aそれを毎日続けることぴかぴか(新しい)

この二つが大事だなと感じます。
自立して自分で生活するようになれば、必ず経験をたどって料理します。
基準となる「習慣」と「舌」があれば、模索して近づいていくでしょう。
暮らし方全般を含め、その生活習慣作りが「食育」なんだなと思います。



posted by いとうくみ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育のコラム

2009年08月04日

こども料理教室 2009 夏

夏休みになりました!!
こどものいる生活になってから、とりわけ夏休みは大好き。
虫取り、水遊び、読書、かき氷、盆踊り・・・。
じっくりと、夏らしいことを満喫する楽しみ。

さて、いつもと違うことを体験してほしいという気持ちから、
長期休みにこども料理教室をやっています。
今回も3日間行われ、幼稚園生と小学生混ぜこぜで行いました。
初対面でも、こどもって、あっという間に友達。
ふざける男の子が雰囲気を盛り上げて、高学年の女の子が、小さな幼稚園生を
さりげなく手伝ってあげて・・・。
   P7270754.JPG
さて、今回は
「おいしいってどうしてわかるの?」「桃を見てわかることは?」
「りんごのいろって?」
そんな質問に、
「甘そう〜。」
「さわるとざらざらする。」
「レモンこするとすごく匂いがする!」
「りんご噛むとじゅわってでる!!」
目・耳・鼻・手・舌の五感すべてがおいしさを感知しているお話をしました。
なかには、
「歯!歯も大事だよ!」という意見もあり、みんなで納得。

続いて、味覚クイズ。
フルーツジュレを3種類渡して、匂いや味で何かを当てるクイズ。
「ちょっと酸っぱい気がする。」
「濃い!!」
「あ〜〜、コレ好きじゃない〜」
ホワイトボードに子供達の意見を書いていく。    
 P7270750.JPG
答えは、フランボワーズ・マンゴー&パッションフルーツ・バナナ。
はずれでも、「苦味がある」「みかんみたいな匂い」などと、
いいことを言っている意見をピックアップグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

さて、レッスンは、     P7280765.JPG
*プロヴァンス風ミートボール
*ガーリックトースト
*マドレーヌ
スパイスやハーブも、みんな匂いを確認。くんくん。
マドレーヌの型はいろいろなものを用意したら大喜び♪
ミートボールの、たまねぎのみじん切りだけは悪戦苦闘の大騒ぎ。
最後にはゴーグルをかけてやる子もいました。

でも、意外だったのはミートボール作り。
まさに泥ダンゴを作る要領で良いのですが、これが、
上手く丸められない小学生も多いのです。
大きさもバラバラで、丸じゃないような…たらーっ(汗)
得意分野と思いきや、そうでもないのですねダッシュ(走り出すさま)
それから、頻繁に手を洗いにいくこの多いこと!!
卵を割って手を洗い、粉を混ぜては手を洗い、
パセリを切っては手を洗い、
しまいには、自分達の切ったたまねぎが床に散らばっているのを踏んで、
「床に落ちていて嫌ですー!」
きれい好きというか、経験値の問題でしょうか。 
   
   P7280767.JPG

まあ、そんなこんなで大盛り上がりなのですが、
何より嬉しい一言が、
「せんせぇー、ミートボールが、びっくりするほどおいしいですー!!」
疲れも吹っ飛ぶ、こども料理教室なのですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

P7280769.JPG P7310779.JPG




posted by いとうくみ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれのコラム

2009年05月07日

成長する舌 〜〜食育ばなし1

舌をよく見ると、表面は小さな凹凸でざらざらとして
います。このひとつひとつを、味蕾細胞といいます。
これは成長と共に発達する味覚の細胞です。
 味覚は大きく分けて、鹹(塩)・甘・酸・渋の四つです。
しかし、初めから4つの味を感じることができる訳ではあり
ません。生まれた時は、甘味と塩味しか認識しません。
だから赤ちゃんは、母乳の甘さをおいしいと感じ、
幼少期の子供は甘いもが好きなのです。
 そして、酸味や渋味は趣味的な味といわれます。
これらの複雑な味の良さが分かるには、味蕾細胞の発達が
必要です。主に10才を過ぎる頃から、下の奥の部分に感知する
細胞が作られるのです。
子供の頃は苦手だったはずの、しそやみょうが、酢の物などが、
急に食べられるようになった経験は、覚えがある方も多いでし
ょう。でも、趣味的な味覚は経験値で鍛えられるので、食べず
に大人になると、大人でも香味野菜をおいしいとは感じなくな
るそうです。
RIMG0689.JPG RIMG0705.JPG
           <大人用おつまみと子供用おつまみ>
 これらのことを理解すると、子供の好き嫌いも自然なこと
だと気がつきます。おいしいと感じる味覚が、塩味・甘味なので
すから、苦いピーマンやあくのあるほうれん草などは、やはり受
付ないので
す。しかし、調理することでその印象は変えられます。乳児には素
材を柔らかくして甘く味付けすることが良いと思います。しかし、
似たような味になってしまうので、できれば、幼児には素材その
ものの味を教えたいものです。
 そこで油と塩を使う調理が手軽で有効です。ほとんどの野菜は、
じっくり焼くだけで、水分がぬけて味が濃くなります。鮮度の良
い油を少しフライパンにひいて、一口大のキャベツ、かぶ、かぼ
ちゃ、長いもなど、好きな野菜をゆっくり焼きます。
ひっくり返して、汗をかくように水分がにじんできたら、
塩をするタイミングです。そうすると、塩がやさしくしみて、
塩味の野菜ではなく、野菜味になるのです。
大人には、焼き上げた後にオリーブオイルなどをかければ、
立派なオードブルになります。
 他にはもちろん、焼き芋やきぬかつぎ(里芋を蒸したもの)
のように、素材の水分だけで作る料理も、子供達には大人気
です。
        かぼちゃとししとう.jpg
 さて、独身の時に料理教室に来てくれていた方が、結婚・
転勤を経て、最近また通ってきてくれています。その方には
二年生のお子さんがいますが、食べることが好きで、とても
健康的な娘さんです。「教えていただいたように、シンプルに
食べさせていたら、好き嫌いが全くなく育ちました。どんな
野菜も小さい時から食べています。」
と、おっしゃるので、少し意地悪で
「ピーマンも食べられるの?」
と尋ねてみました。
「はい。ごま油でさっと炒めて、醤油とかつおぶしをかける
だけで、ぺろりとたべますよ。」
とおっしゃいました。
感心して、早速ピーマンの苦手な我が娘にだしたところ、
「今日のピーマンは大丈夫。」といって食べたのです。
シンプルな料理こそが、子供の喜ぶ味なのだと、再確認した
出来事でした。
posted by いとうくみ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育のコラム

2009年01月13日

京都の買い物 たべもの2008年末

PC260107.JPG

なぜでしょう。
京都に来るとうわぁ〜るんるんって、浮かれてしまうのは。
たぶん、いろいろな発見があることが分かっているからひらめき
見るもの聞くもの、食べるもの。
全てが洗練されていたりぴかぴか(新しい)
気が利いていたりぴかぴか(新しい)
個性的だったりぴかぴか(新しい)

さて今回。
八坂の塔の懐にある懐石料理、「修伯」さん。
小皿にずらりと出るお刺身は、前回同様、関西ならではの魚の旨さ。
「あおりいか・白海老・鰤・白子・鮪」手(チョキ)手(チョキ)
蒸し物は冬の京都らしい、「鯛とうにのカブラ蒸し」
汁碗の「むかご豆腐と甘鯛の吸い物」も印象的どんっ(衝撃)
ご飯はなんとローストチキンかと思うボリュウムの
鶏炭焼きがはいった「五目ご飯」exclamation×2
デザートはまたいろいろハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
「いちごのパフェみりんアイスのせ」「つめたいお汁粉抹茶くず入り」
「バナナと白あんのもなか」「焼きさつまいも饅頭」などなど
PC260085.JPG PC260086.JPG PC260088.JPG PC260089.JPG PC260089.JPG PC260095.JPG

錦市場では憧れの「有次」で買い物グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
銀杏の木でできたまな板は、やわらかさもあり使いやすいとのこと。
落としぶたは、適当な重さがあります。
あくすくいと、型抜き(梅、亀、瓢箪)
どれも美しいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

打田の漬け物は、塩加減が絶妙です。
私はしば漬けが大好きexclamation×2
PC280199.JPG PC280203.JPG

酒屋で伏見の酒と、
今回探していた村山造酢の合わせ酢発見ひらめきひらめき
加茂千鳥に柑橘果汁をあわせたものらしく、食べたかったexclamation

歩き疲れて、藤野とうふ店の豆乳ドーナツをほおばる。
やさしい味〜
PC280191.JPG PC280198.JPG

そうそう、祇園の近くの甘泉堂の五色最中。
まるでマカロンのような繊細な色と味かわいいかわいい
お店は、4畳半程度の小さな古いお店で、注文してから餡を詰めてくれます。
ぴかぴか(新しい)自分のできる範囲で、誠実な仕事を続けていくぴかぴか(新しい)
歳を取ったら理想的だなぁ、って思いながら
小さな椅子に座って待っていました。
PC280165.JPG PC280201.JPG

帰りの大阪では、串揚げも食べましたよグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
「いいことあるように。」と、高台寺前で招き猫。
PC280180.JPG PC280204.JPG

posted by いとうくみ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれのコラム

2008年12月17日

11回目のクリスマスパーティ

12月14日(日)
今年も、料理教室IMAGINERのクリスマスパーティが行われましたクリスマス
全ての料理を主宰のいとうくみが作っております。

レストランメニューはコチラレストラン
前菜全景パイ.jpg 砂肝オリーブぶり.jpg フォアグラパイ.jpg 生ハムモッツア.jpg きのこさつま.jpg アンチョビサラダ.jpg 前菜全景パイ.jpg

フォワグラとトリュフののパイ包み
魚介の入ったライスサラダ パプリカムース ガトー仕立て
いろいろきのこのビネガーマリネ さつまいものレモン煮と
オリーブのレモンマリネ クミンの香り
パプリカの塩ケーキ みかんのソースで
モッツアレラチーズの生ハム巻き ケーパーマリネ
砂肝のコンフィ 百合根とエンダイブのサラダ
ロメインレタスのサラダ アンチョビドレッシング
野菜たっぷりラタトウユ 卵のフライを添えて
からすみパスタ.jpg ライスサラダ.jpg
からすみ ブロッコリーとあさりのファルファッレ 
ポルチーニ茸ときのこ、フレッシュトマトのカバッタピ

ぶりのポアレ にんじんのコンフィ添え バルサミコソース
桃を巻いた 豚肩ロースのロースト タイムの香り
  赤たまねぎときのこ 長いもロースト添えて
クレメダンジュ.jpg Wベリーチョコ.jpg    黒糖マチェドニア.jpg  

ヨーグルト・クレーム・ダンジュ
マロングラッセのラム酒パウンドケーキ
ベリーのホワイトチョコレート
黒糖かんの入った マチェドニア(きんかん、キウイ、バナナ)
クッキー2種
  ホワイトチョコレートクッキー・くるみのクッキー

マロンパウンド.jpg デザート盛り.jpg

生徒の皆さんは、デザート前に行われる「おさらいクイズ」が
毎年緊張する〜!などと言って下さいますが、
これが盛り上がるのですexclamation×2
なんと言っても、勝ちチームは商品、負けチームは皿洗いという、
天国地獄な感じがいいでしょるんるん

懐かしい卒業生や、イランから一時帰国の方、
他のクラスの方同士も交わって、
楽しいひとときとなりましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ここ何年かは、私も料理作りがエスカレートして、
当日は燃え尽きていることも続いたのですが、今回は違いますグッド(上向き矢印)
生徒さんがどんどん動いてくれて、私もそれにお任せする余裕があって、
あ〜〜みんなで作ったクリスマスパーティだったなと感じましたわーい(嬉しい顔)
一緒にキッチンに立ってからの乾杯は格別楽しいものです。

来年の、明るい灯が見えたような、そんなよい会になりました。

大切な人と12月を過ごすことは、意味がありますね。
ぴかぴか(新しい)クリスマスクリスマスメリークリスマスクリスマスクリスマスぴかぴか(新しい)

木曜クラス.jpg
posted by いとうくみ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれのコラム

2008年12月13日

パーティ前夜

リオ志歩手伝い.jpg  いちごチョコ.jpg

今週末は年に一度の大イベント、
料理教室のクリスマスパーティクリスマスクリスマス

毎年20〜30名弱がいらしてくれるので、
料理の仕込みがてんやわんやあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
ですが、11回目となると段取りもよくなり、
子供達も今週は「ママ頑張ってね!」と気遣いムード。

いよいよ明日exclamation
なんと子供達も仕込みを手伝ってくれました。
金柑の種をとったり、百合根をばらしてくれたり。

さて、今回のデザートは「ラブリー」がテーマ。
大好きなホワイトチョコに、ベリーのドライフルーツと
イチゴを組み合わせて黒ハート黒ハート
赤と白って可愛い!!

あ〜楽しみるんるんるんるん
posted by いとうくみ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれのコラム

2008年11月17日

アプリコットカフェ

11月14日(金)

RIMG1754.JPG RIMG1708.JPG

一日限定カフェ開店かわいい
杏露酒の永昌源さんのイベントで、恵比寿の友人に誘われて
事の運びとなりました。
打ち合わせ、試作を重ねて、迎えた当日。

会場は白く明るくスタイリッシュな、
MuMu family company。
居心地の良さは、食事同様とても大切ぴかぴか(新しい)

    RIMG1719.JPG

杏露酒を使った料理は、自分たちとしては工夫したつもり目
似た味にならないこと、見た目の美しさ、
当日は二人だけだからサービスしやすいもの・・・・。

  バーレストランレストラン喫茶店
*2種類のカクテル
(ミントジンジャエール杏露酒・オレンジ杏露酒)
*豚肉と紫キャベツの杏露酒煮込み
 ミントとさつまいものクスクス添え
 クリームチーズのバケット添え
*杏露酒のサバラン
*アールグレイと2種類のクッキー

  RIMG1729.JPG

お客様がいらしてからの時間はあっという間。
終わった直後も、ハイな気分でした!

久しぶりにお店にたって、とっても懐かしかった揺れるハート
そこに集う人たちとの、短いふれあいが、
カフェ喫茶店のいいところ手(チョキ)

一緒にやった方は、やはりカフェ経験者だったので、
動きはゆったりしているけれど、無駄がなく機敏で、
私も、現役時代の動きを意識しました。
そんなこともなんだか気持ちいいー(長音記号2)ー(長音記号2)るんるん

やっぱり「私、人好きなんだ」と、再確認キスマーク
レストランやカフェって、知らない人同士が、
自然につながることができる場所でもあると思います。
かつて、私のボスは
「カフェは、一人でいても孤独ではない場所」と
表現した事を思い出しました足

忙しい毎日ですが、自分を再発見した気分でした。
   スペードハートスペードハート
 
posted by いとうくみ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれのコラム

2008年08月22日

器の旅

夏休み、今年は阿蘇と天草の旅に行ってきました。
なぜ?そこ?って言われることが多かったのですが、私も主人も、なんとなくピンときてしまったのです。天草の海はきっときれいだし、海のものがきっと美味しい!と決めてからずっとワクワクしていましたるんるん
さて、想像通りで食べ物が美味しく、素朴で穏やかなところでした。
そして意外な収穫が器でしたひらめき
  天草焼上から.jpg 天草焼全体.jpg 

天草は陶磁器の窯元がたくさんあり、古くは1762年からの高浜焼があります。
天草陶石はあの平賀源内に「天下無双の上品」と言わせたそうです。
海水浴(ビーチもすごく綺麗ぴかぴか(新しい))の帰りに、ふらりと寄ったのは白磁の陶房泰(とうぼうやす)。さっきの海を思わせる透明感です。
するすると、渦のような模様の大皿に引き寄せられて購入位置情報
そして、そのまま道に迷って立ち寄ったのが高浜焼寿芳窯(じゅほうかま)。
車越しに目が釘付けになった器があり、思わず入りました。その絵柄は、なんと江戸時代の文様を復活させた「海琉」白磁に青が清々しい柄です。悩んだ末に、中鉢を購入位置情報トイレを借りに工房に行ってびっくりexclamation×2
焼成前の上薬は鮮やかな黄色なんです。感心しました。
     海瑠焼成前.jpg

翌日ガイドブックを見きわめて、訪ねたのは「陶丘工房(とうきゅうこうぼう)」
そのギャラリーの気持ちよいこと揺れるハート名前の通り、小高い丘の上にあり、風通しの良い建物には張り出したテラスがついています。そこからは緑と海まで見渡せるのですぴかぴか(新しい)そして、ここの家の猫が、ほんときままに歩いている。ルイボスティをいただいて、なんだかのんびりー(長音記号2)この場所好きわーい(嬉しい顔)と思ったら、やっぱり器もどれも我が家好み。温かみがあるのに、洗練された印象です。
ご主人は鹿児島の方で、
「東京から!なんにもないところでしょ、天草」「天草に遊びに来て住み着いちゃう人も多いんですよ〜。」と教えてくれました。
ついつい、小鉢と片口、そして一旦戻ったにもかかわらず再来店して、大皿を購入位置情報
  陶球工房内観.jpg 陶球工房テラス.jpg

旅行先で、窯元を訪ねて選んだ器は、使うたびにしみじみと嬉しい。
作った人の顔が見えるからか、旅のにおいがするからか。
どんどん重くなる荷物に、にやにやしてしまう私でしたかわいい
posted by いとうくみ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれのコラム

2008年04月07日

鎌倉散歩〜長谷寺付近〜

 大仏.jpg 石渡商店内.jpg
初めて鎌倉旅行に行ったのは、小学4年になる春休み。
家族4人で、山形から夜行電車にのって朝6時に到着(早すぎる・・)。
物心ついて初めて訪れる、歴史ある古都。
ワクワクしたその時の私はすごかったexclamation×2マップちゃんというイラスト付きのガイドブックを毎日なめるように読み、小町通りや若宮大路のお店の並び順まで丸暗記。分刻みで観光プランを立てました。
もちろん、寄りたい食べ物屋さんもピックアップ!当日は全部食べきれず、悔しい思いをしたのを覚えています。(その頃から私って・・)

さてそれから数十年経った今、やっぱり古都鎌倉の花の季節は変わらずよいもので、家族で久しぶりに足を運びました。
今回の私のお目当ては長谷寺の観音様と、老舗の乾物屋「石渡源三郎商店」。
娘達は、大仏様の胎内に入るのをとても楽しみにしていました。

さて、長谷寺の本当に美しいこと。おごそかな観音様のみならず、海の見えるロケーション、咲き乱れる桜と花々、本当に心が晴れやかになります。

そして、大仏様。正面もいいけれど、憂いある横顔がなんとも素敵ですぴかぴか(新しい)

さて、美しいといえば乾物屋「石渡源三郎商店」。創業140年の歴史ある店構えは、小振りながら磨き抜かれた気持ちのよい店内と、選び抜かれた切れのある商品。隅から隅までほれぼれと見入ってしまいました。ひじきが有名なのだそうですが、ストックがあったので、今日は煮干しと当たりごまを購入しました。乾物屋でバイト経験のある主人は、つやつやと青黒く光る煮干しに「こりゃ絶対おいしい!」を連呼していました。

鎌倉のお気に入りはもう一つ。ハトサブレで有名な「豊島屋」。ハトサブレはあまり買わないのですが、ここの和菓子は丁寧に作ってあって、品のいい甘さが気に入っています。本店に寄って、季節限定品の桜餡の羽二重餅「さくらさくら」と干菓子「鎌倉の彩」を買いました。しみじみと美味しいお土産となりました。
 豊島屋.jpg 石渡商店.jpg

出先で地元の生鮮を買ってきて、夕ご飯に並べるのが我が家の楽しみの一つ。今日は、鎌倉の魚屋さんで買ってきたやりいかで「いかすみのリゾット」、おなじく「まぐろブツ、浅葱、アスパラのサラダ仕立て」にしました。家に帰っても旅の余韻に浸れるのですわーい(嬉しい顔)
子供の頃の好奇心はそのままに、自分を知っているからこそ、小旅行もテーマを絞って満喫できるようになりました。自分の興味を掘り下げることは、生活を彩る一歩になると、再認識したお出かけでした。

  いかすみリゾット.jpg

posted by いとうくみ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれのコラム