2009年01月13日

京都の買い物 たべもの2008年末

PC260107.JPG

なぜでしょう。
京都に来るとうわぁ〜るんるんって、浮かれてしまうのは。
たぶん、いろいろな発見があることが分かっているからひらめき
見るもの聞くもの、食べるもの。
全てが洗練されていたりぴかぴか(新しい)
気が利いていたりぴかぴか(新しい)
個性的だったりぴかぴか(新しい)

さて今回。
八坂の塔の懐にある懐石料理、「修伯」さん。
小皿にずらりと出るお刺身は、前回同様、関西ならではの魚の旨さ。
「あおりいか・白海老・鰤・白子・鮪」手(チョキ)手(チョキ)
蒸し物は冬の京都らしい、「鯛とうにのカブラ蒸し」
汁碗の「むかご豆腐と甘鯛の吸い物」も印象的どんっ(衝撃)
ご飯はなんとローストチキンかと思うボリュウムの
鶏炭焼きがはいった「五目ご飯」exclamation×2
デザートはまたいろいろハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
「いちごのパフェみりんアイスのせ」「つめたいお汁粉抹茶くず入り」
「バナナと白あんのもなか」「焼きさつまいも饅頭」などなど
PC260085.JPG PC260086.JPG PC260088.JPG PC260089.JPG PC260089.JPG PC260095.JPG

錦市場では憧れの「有次」で買い物グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
銀杏の木でできたまな板は、やわらかさもあり使いやすいとのこと。
落としぶたは、適当な重さがあります。
あくすくいと、型抜き(梅、亀、瓢箪)
どれも美しいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

打田の漬け物は、塩加減が絶妙です。
私はしば漬けが大好きexclamation×2
PC280199.JPG PC280203.JPG

酒屋で伏見の酒と、
今回探していた村山造酢の合わせ酢発見ひらめきひらめき
加茂千鳥に柑橘果汁をあわせたものらしく、食べたかったexclamation

歩き疲れて、藤野とうふ店の豆乳ドーナツをほおばる。
やさしい味〜
PC280191.JPG PC280198.JPG

そうそう、祇園の近くの甘泉堂の五色最中。
まるでマカロンのような繊細な色と味かわいいかわいい
お店は、4畳半程度の小さな古いお店で、注文してから餡を詰めてくれます。
ぴかぴか(新しい)自分のできる範囲で、誠実な仕事を続けていくぴかぴか(新しい)
歳を取ったら理想的だなぁ、って思いながら
小さな椅子に座って待っていました。
PC280165.JPG PC280201.JPG

帰りの大阪では、串揚げも食べましたよグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
「いいことあるように。」と、高台寺前で招き猫。
PC280180.JPG PC280204.JPG

posted by いとうくみ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれのコラム